【1年組み立て保険】特定疾病診断給付金とはどのようなものですか?
特定疾病診断給付特約とは、ご加入のお客様(被保険者<保険の対象となる方>)が、「ガン」「急性心筋梗塞」「脳卒中」により所定の状態に該当したときに、お支払いするもので、医療特約の入院給付日額の100倍の診断給付金をお支払いします。診断給付金が支払われた場合、この特約は消滅します。


<ガン診断給付金>

被保険者がガン責任開始期以後に初めて(上皮内ガン以外の)ガンと診断確定されたときに、支払います。


<急性心筋梗塞診断給付金>

被保険者が責任開始期以後に急性心筋梗塞を発病し、60日以上の労働制限を必要とする状態が継続したと診断されたときに、支払います。


<脳卒中診断給付金>

被保険者が責任開始期以後に脳卒中を発病し、60日以上言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断されたときに、支払います。 

この回答は、お役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら

この質問を見た人はこんな質問・用語を見ています。

絞り込みオプション

カテゴリ