リビング・ニーズ特約で実際に支払われる金額は、請求した保険金額(特約基準保険金額)に比べて、少なくなるそうですが、なぜですか?
リビング・ニーズ特約は、被保険者(保険の対象となる方)の余命が6か月と判断される場合に、死亡保険金に代えて保険金を支払う特約です。つまり、死亡保険金を前倒しして被保険者の生存中に保険金を支払うことになりますので、保険金支払いに際し、特約基準保険金額から、①6か月分の所定の利息および②保険料を差し引いて支払うことになります。


①特約基準保険金額に対する6か月分の利息。

②特約保険金の請求日の直後の月単位の契約応当日から6か月間の特約基準保険金額に対応する保険料相当額。(月払の場合)

この回答は、お役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら

この質問を見た人はこんな質問・用語を見ています。

絞り込みオプション

カテゴリ