【ネオdeいりょう】 先進医療特約の支払対象になる「先進医療」って何ですか?

厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた療養です。
先進医療にかかる費用は全額自己負担です。

技術料は全額自己負担ですが、それ以外の一般診療部分については一般の保険診療と同様に扱われますので公的医療保険制度の給付対象になります。支払対象となる先進医療は療養を受けた時点において、

  1. 厚生労働大臣が定める先進医療技術であること
  2. 先進医療技術ごとに定められた適応症(対象となる疾病・症状など)に対するものであること
  3. 先進医療技術ごとに定められた施設基準に適合する医療機関で受けたものであること

のすべてを満たすものに限ります。したがって、医療行為・症状、医療機関などによって給付金をお支払いできないことがあります。(先進医療の最新の内容についてはこちらをご覧ください。)
なお、重粒子線および陽子線治療の場合、ネオファースト生命が医療機関に直接先進医療給付金をお支払いし、お客さまの一時的な経済的負担を軽減するサービスを一定の取扱い条件のもと実施しています。詳細内容についてはこちらをご覧ください。

※保険種類:無解約返戻金型終身医療保険(ネオdeいりょう)

この回答は、お役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら

この質問を見た人はこんな質問・用語を見ています。

絞り込みオプション

カテゴリ